秋田県の美術・美術館


秋田県立近代美術館
秋 田 県 立 近 代 美 術 館The Akita Museum of Modern Art.あなたは本ホームページ開設(1999、6/21)以来、 人目の訪問者です。You are No.visitor、 to this homepage which opened on June 21st 1999.日本語版ホームページ英語版ホームページ↑どちらかをクリックして下さい。Copyright ,,
  

HIRAFUKU MEMORIAL ART MUSEUMU
HIRAFUKU MEMORIAL ART MUSEUMU〒014−0334秋田県仙北市角館町表町上丁4−4TEL0187-54-3888 施   設・開設経緯・入館料・割引のある共通券利用について・駐車場(MAPと合わせてご確認下さい)郷土出身の画人・小田野直武と秋田蘭画・郷土画人略歴・郷土画人とその周辺の系譜展   示現在の企画展 ・平成17年度年間計画リ ン ク・平福作品の所蔵されている美術館・角館町と周辺町村交   通・JRご利用の場合 ・高速道ご利用の場,,

秋田市立千秋美術館
展覧会のご案内日本芸術院所蔵 芸術院の日本画展2006.1.4(水)-2.19(日)【詳細はこちら】今年度の展覧会の予定はこちらからご覧いただけます。LAST UP DATE 2005.10.21,,

文化財保護室ホームページトップ
「平福穂庵筆 乳虎」と「戸平川遺跡出土品」が新たに県指定の文化財となりました。国指定等 文化財一覧 平福穂庵筆 乳虎 戸平川遺跡出土品秋田県指定等 文化財一覧秋田県文化財 調査報告書一覧画像をクリックするとそれぞれのページへ進みます。登録有形文化財の登録について秋田県中,,

増田町まんが美術館
 全国ではじめて「まんが」をテーマとした本格的美術館です。常設展示されている作家の数は90名。しかも、そのすばらしい原画の数々が無料でご覧になれます。また、誰もが楽しめる施設もたくさん用意しております。まずは、ご入場あれ・・・。あなたは 人目の入館者です。 -->ごあいさつ 増田町長 石山米男 矢口高雄 石ノ森章太郎 まんが美術館のご案内スロープギャラリーに注目!! オリジナルプリクラもあるよ!,,

アキタパーク美術館
   扉の中は安らぎの空間時を越えて絵や彫刻が語りかけて来る立ちのぼるコーヒーの香りひと休みして本を開くと  心は万葉のいぶきおおらかな愛の世界へと誘れゆくアキタパーク美術館Copyright(c) AKITA  PARK MUSEUM OF ART All rights reserved,,

Omura Art Museum : Art Deco Collections
Omura Art Museum:The Collection of Rene Lalique ,,

【亀田城】
              亀田藩の「陣屋」を、当時の資料や史実を元にして復元した亀田城。城内には美術館・先覚顕彰館があるほか、広大な敷地内には本格的なお茶室などがあり、日本庭園を眺めながら古き良き日本文化が堪能できます。亀田城佐藤八十八美術館ホームページ(最新の展示情報がわかります。)【施設DATA】■開館時間/3月〜10月:午前9時〜午後5時     &,,

みちのくの小京都「角館の魅力」
みちのくの小京都「かくのだて」の観光、自然、町並み、歴史、祭り、美術館や特産品、工芸品など秋田県角館町の魅力のすべてを紹介しています。 ,,

佐藤 励の作品
佐藤 励 (さとう れい)秋田県角館町で1977年に生まれる。奈良芸術短期大学の立体造形の専攻科を卒業後同大学で副手として学生を指導、現在 故郷角館町で製作開始中平成11年 第41回、秋田県美術展覧会で入選(下に掲載)平成11年 第45回、全関西美術展(大阪市立美術館)で入選(下に掲載)平成12年 第42回、秋田県美術展覧会で入選(下に掲載)平成12年 第46回、全関西美術展(大阪市立美術館)で入選(下に掲載)平成13年 第43回、秋田県美術展覧会で奨励賞(下に掲載)平成13年 第47回、全関西美術展(大阪市立美術館)で入選(下に掲載)平成14年 第44回、,,

地域文化デジタル化推進協議会
北海道青森岩手秋田宮城山形福島茨城栃木群馬埼玉千葉東京神奈川山梨長野新潟富山石川福井静岡愛知岐阜三重滋賀京都大阪兵庫奈良和歌山島根鳥取岡山広島山口香川徳島高知愛媛福岡佐賀長崎大分熊本宮崎鹿児島沖縄日本全図美術館博物館資料館記念館その他美術館北海道道南ミュージアム木田金次郎美術館青森県現在リンク先はありません岩手県岩手県立美術館秋田県角館町平福記念美術館,,

中華週報
「天馬美術館」秋田にオープン躍動感あふれる葉酔白画伯の世界五月末、秋田県羽後町にユニークな美術館がオープンした。「天馬画派」の創始者である台湾の水墨画家、葉酔白氏の作品約二百点を収めた個人美術館「天馬美術館」だ。しかし誠に残念なことに、この美術館のオープンを心待ちにし、来日も予定されていた葉氏自身は、開館を目前にした四月初め、病のため八十九歳で息を引き取った。葬儀には、政府関係者も含め多くの人が参列し、この偉大な芸術家の死を悼んだ。葉酔白氏は一九〇九年大陸浙江省生まれ。若くして国民党軍に入り、名将軍として名をとどろかせた。六〇年に五十一歳で退役後、一,,

















































住所データベース
Japan-Museum.Net