佐賀県の美術・美術館


佐賀県立博物館・美術館
,
  

今右衛門古陶磁美術館
財団法人今右衛門古陶磁美術館 IMAEMON MUSUEUM OF CERAMIC ANTIQUES 〒844−0006 佐賀県西松浦郡有田町赤絵町2−1−11 TEL:0955−42−5550 ,,

河村美術館トップ
当館は弱冠28年8ヶ月で夭折した九州が生んだ天才画家青木繁の作品19点を所蔵しているのを軸とし、内外画家の作品の他、西洋、東洋陶磁器、ガラス器とバランスのとれた多彩な収蔵を特徴としています。佐賀県唐津市。 ,,

有田陶器美術館
蔦のはう有明の詩碑美術館「有田いろはかるた」有田陶磁美術館は、明治初期の建物です。石造りの焼き物の製品倉庫を改築して美術館に利用しています。昭和29年に、佐賀県で博物館法第1号の登録を得て開館しました。17世紀はじめの磁器創始期の製品から20世紀に至るまでの有田焼の製品を主体に展示しています。中でも「染付有田皿山職人尽し絵図大皿」と「色絵狛犬」は、佐賀県の重要文化財に指定されています。,,

江口勝美 陶歴
江口 勝美(えぐちかつみ)陶歴昭和二十七年佐賀県窯業指導所勤務第二回佐賀県展入賞(初出品)以来、知事賞、県教育委員会賞、文化会議会賞、各新聞社賞、各市長賞、他各賞受賞昭和三十二年現代に本陶芸展入選(朝日展)昭和三十四年佐賀県美術協会展 佐賀市長賞受賞第一回西日本工芸展入選昭和三十五年九州山口陶磁展 一席昭和三十六年佐賀美術協会、会友推挙、会友優賞受賞西日本工芸展 朝日新聞社賞(特賞)受賞、日展入選(初入選)昭和三十七年日展入選佐賀県展において知事賞を受賞し、翌年二月全国県展選抜展出品文部大臣賞受賞佐賀美術協会 会員推挙昭和三十八年九州山口陶磁展 一席,,

YAMINABE/今月のアーティスト
今月のアーティスト「作品との再会」五貫研司 先日、佐賀県立図書館で、自分の昔の作品に再会しました。この「満ちゆく月に」という作品は、佐賀大学大学院の修了制作として、平成7年に描いたものです。このときは、制作と平行して、修了論文も書かねばならず、それまで「論文」などというものとは縁遠かった僕としては(学部の時は卒業制作だけで、卒業論文はなかったのです。)、非常に苦しんだ、思い出深い作品です。 その後、その年の佐賀美術協会展に出品し、幸いにも美術協会賞(一席)を受賞しました。その上、さらに幸運なことに、その年の佐賀県の購入作品にも選ばれ、現在は佐賀県立美術館,,

















































住所データベース
Japan-Museum.Net