熊本県の博物館


ホーム ページ
あそであそぼう! 阿蘇火山博物館においでよ!ASOVOLCANOMUSEUM                        世界最大級のカルデラ型活火山、火の国 「阿蘇」          ,,

熊本市立熊本博物館
熊本市立熊本博物館Kumamoto City Museum 概要紹介熊本城の一角にある総合博物館 復元された文化財である石垣をデザインモチーフにした建物の中に、自然科学・理工学・人文科学の各分野の資料を多数収蔵・展示する。主な収蔵品としては、遺跡出土品、五家荘ジオラマ、ステゴドン臼歯化石及び模型、SL9600形式、加藤・細川・相良家資料、神風連・西南の役資料などで、プラネタリウムもある住所〒860 熊本県熊本市古京町3−2TEL.096-324-3500設立年1952年竣工年1977年設計者黒川紀章建築都市設計事務所延床面積6、108平米開館時間午前9時〜午後5時(入館は4時半まで)休館日毎,,

hakubutsukan
,,

八代市立博物館
YATSUSHIRO MUMICIPALMUSEUM八代市立博物館未来の森ミュージアム,,

新聞博物館
パノラマ画像をご覧頂くには、Plug-InソフトウェアLivePicture Viewerが必要です。(左のアイコンから無料ダウンロードページにいけます。)詳しいダウンロード方法案内はこちらへ。<対応ブラウザ>Netscape Navigator 3.01以上 及びMicrosoft Internet Explorer 3.02 以上 この新聞博物館は、熊本日日新聞社が創立45周年を記念し,,

阿蘇火山博物館
阿蘇火山博物館Aso Volcano Museum 概要紹介悪天候時や火山活動期でも安全に阿蘇を体験できる博物館 阿蘇の地形・地質や火山活動を中心に、阿蘇の動植物・考古・歴史・民俗資料を展示する。特に、中岳噴火口に設置した2台のTVカメラから送られてくる画像を音声とともにリアルタイムで見ることのできる「火口カメラ体験コーナー」や、阿蘇火山の生い立ちのジオラマ、大地の動きをとらえる地震計などが特筆される。さらに大型スクリーンを用いて阿蘇のすべてを紹介する映画も常時上映中。また、1Fフロアーにはオルゴールのテーマ館・オルゴール響和国を併設している住所〒869-22 熊本県阿蘇郡阿蘇町大字赤水字古,,

熊本市立博物館・写真満載九州観光
熊本市立博物館熊本県熊本市<熊本市観光マップ><熊本中部観光マップ><熊本北部観光マップ><九州観光案内メニュー><メインメニュー>熊本市立博物館熊本城の公園内にある総合博物館。県内の地質、生物、考古、歴史、民俗、理工科学の展示品は11万点に及ぶ。特に県内で出土した土器やステゴンドゾウの臼歯化石や全身復元模型。218席のプラネタリウムが人気ある。,,

御船町恐竜博物館
化石は、遠い過去の世界へ私たちを招待してくれます。御船町恐竜博物館は、恐竜化石をはじめとする、地域の自然史を語る資料の収集に努めています。そして、それらの資料から情報を導き出し、未来を担う子どもたちや地球を愛する人々のために活用します。そして、人々へ感動を伝えられる、ひらかれた博物館を目指しています。,

肥後古代の森
熊本県北部の菊池川流域に集中する重要遺跡の広域保存 と普及活用を目的に、山鹿市・鹿央町・菊水町の3地区 でおよそ73haの用地を選定し、16年の歳月を費や して整備された歴史公園。これら3地区の歴史公園を総 称して「肥後古代の森」と、呼んでいます。3地区にはそ れぞれの地区の核となる博物館等が設けられています。山鹿(やまが)・鹿央(かおう)・菊水(きくすい)の3地,,

熊本県民天文台
熊本県民天文台 アマチュアの天文同好会。“県民天文台”といっても、公共の施設ではなく、募金で作られた天文台です。 旧・熊本天文研究会が、1982年5月に天文台を完成し、その時、募金をしてくれた一般の人たちへの感謝の気持ちもこめて、同好会の名前を熊本県民天文台へ改称しました。 現在天文台は、開所当時の場所から塚原古墳公園の中へ移転し、一般公開活動を続けています。熊本県民天文台のホームページへ 私が、熊本県民天文台の前身である熊本天文研究会の戸を叩いたのは、1980年夏、高校二年生の時のこと。夏休みのある日、高校の地学部の後輩の女子部員3人を引き連れて、私は熊本天文,,

科学館への招待
科学館への招待 日本の科学館 全国科学博物館協議会加盟機関 北海道 札幌市青少年科学館 サンピアザ水族館 小樽市青少年科学技術館 苫小牧市科学センター 穂別町立博物館 旭川市青少年科学館 滝川市美術自然史館 釧路市青少年科学館 稚内市青少年科学館 東北,,
住所データベース
Japan-Museum.Net