宮崎県の博物館


宮崎県総合博物館リニュアル情報
宮崎県総合博物館リニュアルオープン驚きと楽しさの体験空間宮崎の自然と歴史立体大図鑑宮崎県立総合博物館はリニュアルのため閉館中でしたが、98年5月1日新装なり生まれ変わってオープンし、展示の充実振りは目を見張るものがあります。マルチメディア機器も適当に配置してあり、子供、大人、男女を問わず楽しめる内容になっています。一階が自然史展示室、二階が歴史展示室と民族展示室になっています。早い機会に是非ご覧下さい。自然史展示室宮崎県は、温暖多雨の気候で、地形も変化に富んでおり、生育する生き物も種類が豊富です。この展示では、宮崎県を代表する照葉樹の森を中心に水辺や海の,,

宮崎県立総合博物館リニューアル告知
 平成 9年7月13日、西都原古代生活体験館がオープン。  平成10年5月 1日、本館、リニューアルオープンしました。  top-image-final.gif   menu.gif   特別展「ネアンデルタール人の復活展」,

宮崎県総合博物館リニューアル告知
宮崎県総合博物館は,県民の大きな期待をになって,静かな環境 に恵まれた宮崎神宮の森のなかに,昭和46(1971)年開館し ました. 開館当初の構成は,考古 歴史 民俗,自然及び美術の各部門の 展示場を持つ博服...,

宮崎県総合博物館
Miyazaki Prefectural Museumof Nature and Historyあなたは人目のホームページ入館者です。◆総合博物館本館◆民家園◆県民文化ホール◆西都原資料館◆西都原古代生活体験館◆博物館主催行事・講座案内◆特別展・企画展案内◆博物館利用案内〒880−0053 宮崎県宮崎市神宮2丁目4番4号 Tel(0985)24−2071 Fax(0985)24−2199,,

椎葉民俗芸能博物館
秘境芸能に学ぶ森(椎葉村)椎葉の深い森で生まれた文化は、独自の雰囲気十情緒を今に伝えています。 特に国の重要無形文化財に指定されている「椎葉神楽」は村のほとんどの集落で脈々と受け継がれています。 これら伝統的な郷土芸能や民俗伝承を紹介する博物館となっております。4F多目的ホール3F第5展示室:椎葉の民俗音楽◇椎葉の民謡◇四季の歌◇神楽,,

ようこそ宮崎県・南郷村・百済の館のホームページへ
百済の館日韓交流のシンボルでもある『百済の館』は、百済最後の都となった韓国の古都「扶餘(プヨ)」の王宮跡に建つ、(元)国立博物館の「客舎」をモデルに、原寸大で復元されている。屋根瓦・敷石を韓国から取り寄せ、梁や軒を埋め尽くす極彩色の丹青(タンチョン)は本場韓国の職人に腕をふるってもらった。館内には百済時代の国宝や重要文化財のレプリカなどが多数展示されており、百済文化を紹介する資料館となっている。館内では韓国の名品や百済文化に関するグッズなど珍しい品々もショッピングできる。ホームページへもどる百済王族伝説師走まつり西の正倉院百済,,

椎葉民俗芸能博物館
椎葉民俗芸能博物館Shiiba Museum of Folk Performing Arts 概要紹介村面積の約96%が山林という椎葉村(しいばそん)につくられた神楽を中心とする博物館 椎葉の四季折々の様々な行事や、日本の中ではここだけで行われているという焼畑の火入れから収穫までの様子や、猪狩の用具や神楽を展示している。また、全国各地の神楽を紹介するコーナーや、民族音楽を聴けるブースなどもある住所〒883-1601 宮崎県東臼杵郡椎葉村大字下福良1822TEL.0982-68-7033設立年1997年竣工年1997年開館時間午前9時〜午後5時休館日毎週月曜日・年末年始(12月28日〜1月3日,,

椎葉民俗芸能博物館
98/03/13学びの森秘境芸能に学ぶ森(椎葉村)椎葉民俗芸能博物館椎葉の深い森で生まれた文化は、独自の雰囲気十情緒を今に伝えています。 特に国の重要無形文化財に指定されている「椎葉神楽」は村のほとんどの集落で脈々と受け継がれています。 これら伝統的な郷土芸能や民俗伝承を紹介する博物館となっております。 【オープン:平成9年4月】4F多目的ホール3F第5展示室:椎葉の民,,

巨木の森野外博物館
巨木に学ぶ森(椎葉村)国や県の天然記念物の指定を受けている十根川神社の八村杉、大久保の檜をはじめ、 多くの巨樹・巨木を通じて人間と森林の関わりを五感で感じる森林となっております。 すなわちここは、道端の自然や地域の人々の生活自体が展示物であるという、屋根のない博物館です。 また、木工芸やそば打ちを体験できる施設も整備されています。Access交通,,
住所データベース
Japan-Museum.Net