鳥取県の博物館


鳥取県立博物館 ホームページ
[English| Japanese ]鳥取県立博物館の概要鳥取県立博物館は、県民の教育及び文化の発展に寄与するための施設として久松山下鳥取城跡内に設立され、昭和47年10月1日に開館した総合博物館です。1階の「地学生物」、「歴史民俗」、「美術」の常設展示では、3、000点余の資料により、郷土の自然と歴史や美術をわかりやすく紹介しています。また、特定のテーマに基づいた特別展、催物展を各々年数回開催するほか、県内巡回展、講演会、講座、見学会などの教育普及活動を実施しています。さらに、展示の解説書、年間の活動を紹介する年報、学芸員の研究成果を報告する研究報告、館蔵品を紹介する所蔵,,

鳥取県立博物館 ホームページ
[English]はじめに鳥取県立博物館は、県民の教育及び文化の発展に寄与するための施設として久松山下鳥取城跡内に設立され、昭和47年10月1日に開館した総合博物館です。1階の「地学生物」、「歴史民俗」、「美術」の常設展示では、3、000点余の資料により、郷土の自然と歴史や美術をわかりやすく紹介しています。また、特定のテーマに基づいた特別展、催物展を各々年数回開催するほか、県内巡回展、講演会、講座、見学会などの教育普及活動を実施しています。さらに、展示の解説書、年間の活動を紹介する年報、学芸員の研究成果を報告する研究報告、館蔵品を紹介する所蔵,,

鳥取県立博物館
天然記念物的景勝地史跡1史跡2ミュージアム鳥取県立博物館流しびなの館河原城わらべ館海友館因幡万葉歴史館若桜郷土文化の里青谷山根和紙資料館日置桜酒造資料館あおや郷土館ふるさと歴史館山陰海岸自然科学館民芸美術館渡辺美術館荒木又右衛門遺品館福部歴史資料館青谷ようこそ館氷ノ山自然ふれあい館 響の森◆鳥取県立博物館(鳥取市)場所をチェック!!特徴鳥取県立博物館は、県民の教育及び文化の発展に寄与するための施設として久松山麓鳥取城跡内に設立され、昭和47年に開館した総合博物館です。主な常設展示物は、国内唯,,

鳥取県立博物館
天然記念物的景勝地史跡1史跡2ミュージアム鳥取県立博物館流しびなの館河原城わらべ館海友館因幡万葉歴史館若桜郷土文化の里青谷山根和紙資料館日置桜酒造資料館あおや郷土館ふるさと歴史館山陰海岸自然科学館民芸美術館渡辺美術館荒木又右衛門遺品館福部歴史資料館青谷ようこそ館氷ノ山自然ふれあい館 響の森◆鳥取県立博物館(鳥取市)場所をチェック!!特徴鳥取県立博物館は、県民の教育及び文化の発展に寄与するための施設として久松山麓鳥取城跡内に設立され、昭和47年に開館した総合博物館です。主な常設展示物は、国内唯,,

鳥取県立博物館 ホームページ
[English| Japanese ]鳥取県立博物館の概要鳥取県立博物館は、県民の教育及び文化の発展に寄与するための施設として久松山下鳥取城跡内に設立され、昭和47年10月1日に開館した総合博物館です。1階の「地学生物」、「歴史民俗」、「美術」の常設展示では、3、000点余の資料により、郷土の自然と歴史や美術をわかりやすく紹介しています。また、特定のテーマに基づいた特別展、催物展を各々年数回開催するほか、県内巡回展、講演会、講座、見学会などの教育普及活動を実施しています。さらに、展示の解説書、年間の活動を紹介する年報、学芸員の研究成果を報告する研究報告、館蔵品を紹介する所蔵,,

あおや郷土館
天然記念物的景勝地史跡ミュージアムあおや郷土館流しびなの館河原城わらべ館海友館因幡万葉歴史館若桜郷土文化の里青谷山根和紙資料館日置桜酒造資料館ふるさと歴史館山陰海岸自然科学館鳥取県立博物館民芸美術館渡辺美術館荒木又右衛門遺品館福部歴史資料館青谷ようこそ館氷ノ山自然ふれあい館 響の森◆あおや郷土館(青谷町)場所をチェック!!特徴郷土出身の美術工芸作家の作品や青谷町の歴史や文化を紹介する企画展などの他、日本を代表する芸術文化的な作品の特別展を組み込むなど毎年10回程度展示総入れ替えを行っています。変,,

倉吉博物館
倉吉博物館 概要紹介1968年に倉吉郷土館として発足したのち、市制20周年記念事業として開館した美術部門と歴史部門からなる総合博物館 美術部門では前田寛治・菅楯彦などの郷土ゆかりの洋画家・日本画家の作品を、歴史部門では鳥取県中部地区の遺跡から出土した豊富な考古資料などを展示している。また、接続して織・鋳物・鍛冶関係の民俗資料を展示する倉吉歴史民俗資料館もつくられている住所〒682 鳥取県倉吉市仲ノ町3445−8 打吹公園内TEL.0858-22-4409設立年1974年竣工年1973年設計者日建設計・大阪延床面積2、229平米開館時間午前9時〜午後5時休館日毎週月曜日(祝日の場合は翌日)・年,,

鳥取県立博物館
鳥取県立博物館Tottori Prefectural Museum 概要紹介史跡鳥取城跡内につくられた、自然系・人文系・美術系の3部門からなる総合博物館 自然部門ではダイオウイカ液浸標本、オオギハクジラ全身骨格、オオサンショウウオなど、人文部門では縄文時代から明治時代までの県内各地の出土品や民俗史料など、美術部門では前田寛治や伊谷賢蔵、菅楯彦ら、郷土ゆかりの作家の作品などを展示している住所〒680 鳥取県鳥取市東町2−124TEL.0857-26-8042設立年1949年竣工年1972年設計者日建設計・大阪延床面積9、699平米開館時間午前9時〜午後5時休館日毎週月曜日・祝日の翌日・年末年始,,

アジア博物館・井上靖記念館
前へ戻る 第4日目 アジア博物館から寿城まで 本日最初の訪問は皆生温泉から境港市に向かって10分ほど走ったところにあるアジア博物館・井上靖記念館です。ここは松林の中にあり、国道沿いにも関わらずとても落ち着いた雰囲気です。 アジア博物館 井上靖記念館 入場料1、500円を払って門をくぐります(「長屋門」という立派な門です。施設全体が広大な庭園となっており、その中に,,

アジア博物館・井上靖記念館
アジア博物館・井上靖記念館 (Asia Museum・Yasushi Inoue Museum)■ 概要世界最高峰といわれる17、8世紀のペルシャ綿のコレクションをはじめ、モンゴル遊牧民の生活様式、地元を代表する 文化財「弓ヶ浜がすり」の製作工程などが展示されている。また、文豪 井上靖先生の書斎を再現した井上靖記念館も大きな見どころ。 ■ 休館日無休 ■ 所在地〒683−01鳥取県米子市大篠津町57番地 ■ 交通機関JR米子駅からタクシーで25分米子空港からタクシーで5分 ■ 問い合せ先アジア博物館・井上靖記念館/Tel ,,

梨博物館(仮称)
梨博物館(仮称)(Tottori Prefectual Pear Museum”Nashi Hakubutsukan”)(Tentative Name)■ 概要中国調査資料を展示したロマンあふれる「梨の来た道」、動く人形と回り舞台による「鳥取二十世紀梨物語劇場」、梨園の四季が体感できる 大型映像等の常設展示、梨のデザートが楽しめるフルーツパーラー等、梨をテーマとした我が国で唯一の博物館。 ■ 休館日  − ■ 所在地〒689−12鳥取県倉吉市駄経寺町 ■ 交通機関JR倉吉駅下車バス10分 ■ 問い合せ先鳥取県農林水産部大,,

アジア博物館・井上靖記念館
江戸中期からこの地方は絣織が盛んで、ここで織られた絣は“弓浜絣 あるいは“浜絣 と呼ばれ、久留米絣・伊予絣と並んで素朴な民情が息づいています。博物館には..,

博物館の森-専門博物館
ScienceVillage/図書館・博物館とインターネット博物館の森 専門博物館Virtual Library museums pages (VLmp)http://www.icom.org/vlmp/A comprehensive directory of on-line museums and museum-related resources001■博物館明治村http://www.meitetsu.co.jp/m,,

アジア博物館1
アジア博物館その昔、弓ヶ浜の農家では、地綿を手引きして糸を紡ぎ、藍染めをして「浜がすり」を生活の必需品として織っていました。その“染め”と“織り”の工程を見ることができます。実際に織りの実演も行っています。(要予約)糸や布を藍色に染めることでよく知られているアイをはじめ、ハマナスなどの染料植物やワタ、フジなどの繊維植物が展示栽培されている。弓ヶ浜半島は、幕藩時代、棉の栽培が盛んで、藩の代表的な産物の一つでした。その地綿を材料として先進地の技法を取り入れ,,

島根の博物館・資料館
島根県の博物館,資料館,美術館の紹介 ,,

博物館・鳥取県
マリンプラザ21〒684-0004   鳥取県境港市大正町215みなとさかい交流館2F Tel:0859-42-3730 / Fax:0859-42-3735■事業者名=境港管理組合 ■利用時間=9時〜16時30分(休館日1月1日) ■入館料=大人(高校生以上)200円(団体20人以上160円)、小中学生100円(団体80円)、70歳以上、幼児無料 ■展示概要=船、港、観光、歴史など世界の海と境港の魅力を紹介。コンテナ輸送のしくみコーナーでは、実物や模型を使って江戸,,
住所データベース
Japan-Museum.Net